Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

IT起業研究所ITInvC代表の小松仁(Hitoshi Komatsu)です。 ITを中心としたベンチャーの立上げ支援を重点にビジネスコンサルティング活動を進めています。 このサイトからは定期的に何かお役に立ちそうな情報、コメントを発信していきます。   ツイッター https://twitter.com/ITInvC   Facebook  http://www.facebook.com/hitoshi.komatsu.75 にもどうぞアクセスください。 [履歴紹介] ・1946年生まれ。東京大学電子工学科卒業後、日立製作所でOCR(文字読取装置)、光ディスク応用の電子ファイル、ワークステーションなどの開発設計に従事。 ・その間米国メリーランド大学大学院で修士MSEE取得。 ・その後、製品企画、事業計画、マーケティング業務など推進。又、特許取得で(社)発明協会より発明奨励賞等受賞もあり。 ・更に営業、SEと共にオープンシステムのマーケティング推進後、日立コンピュータ機器(株)で経営企画、事業企画など推進。海外スタートアップとのアライアンスも経験。 ・退職後、IT起業研究所を起こしベンチャー支援活動に取り組むと共に、ベンチャーの技術、事業性評価や格付け評価等を行っている。
    0 0

    日経記事「製造業はなくなる 日立・東原社長が語る未来」で、「人間はこれまで以上に感性が求められる。人の幸せとは何か。その実現にどのような価値を創造すべきか。歴史や文化、芸術などを幅広く学び、感性を磨くことが何よりも大事になる。」というのは、尤もだと思う。
     

    イメージ 1

     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    ボストン・ダイナミクスが、“ロボット犬”として知られる「SpotMini(スポットミニ)」の新しい映像を公開したが、その達者な動きには改めて感心する。
     

     
    イメージ 1

    大手ゼネコンの竹中工務店とソフトバンクが実証実験を実施している東京の建設現場で撮影されたとみられ、建設途中のビル内で働いている様子が収められている。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    MIT Technology Review記事で、“NASA is using HoloLens AR headsets to build its new spacecraftfaster”(ARで宇宙船の組立てに異変 現実になった「未来の工場」)とあるのが、興味深い。

    Erin Winick 「仕事の未来(The Future of Work)」を担当する准編集者)
     

     
    イメージ 1 

     
    イメージ 2

    イメージ 3

    ロッキード・マーチンは宇宙船の組み立て工程にARヘッドセットの導入を進めており、数千ページにも及ぶ紙のマニュアルからの脱却によって、製造業の未来は着実に変わりつつあるようだ。
     
    宇宙船技術者は、計画が何度も延期されているNASAの超大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(Space Launch System)」に搭載される予定の有人宇宙船「オリオン(Orion)」の作業工程で、マイクロソフトのヘッドセット「ホロレンズ(HoloLens)」を毎日使っているという。
     
    「今から5年もすれば、効率的な製造現場はすべてこの手のARを使っていることでしょう」(製造統括責任者)というのも、尤もだと思う。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    MIT Technology Review記事で、“The US military wants to teach AI some basic common sense”(AIには「常識」が足りない DARPA新コンペの狙い)とあるのが、興味深い。
    Will Knight 米国版 AI担当上級編集者)
     
    人工知能(AI)の強力な手法である深層学習を使ったシステムでも、未だに愚かな誤りを繰り返しているが、その大きな理由の1つが、「一般常識の欠落」で、米国防高等研究計画局(DARPA)は、AIの重大欠陥を改善すべく、新たなコンペを実施することを発表したらしい。 

     
    イメージ 1

    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    日経BP社シリコンバレー支局の中田敦さんが、「量子コンピューターのXデー 集まるカネとヒト、野心」で伝えている内容が興味深い。
     
    QCウェアはソフトウエア開発者が使い慣れた「Python」「Java」「C++」といった既存のプログラミング言語を使って量子コンピューター向けのソフトウエアを開発できるツールなどを、一般企業や政府機関に販売しているという。
     

     
    イメージ 1

    イメージ 2

    量子コンピューターの研究者が「現在のコンピューターでは絶対に不可能な性能が発揮できる」と認める「万能量子コンピューター」が、すぐに実現するわけではないのは尤もだと思う。
     
    万能量子コンピューターを実現するには「0」と「1」の両方が同時に存在する「量子ビット」のエラー訂正技術が不可欠であり、それには数百万個から数億個の量子ビットが必要とされ、万能量子コンピューターの実現は、まだまだ先のことだと考えられているようだ。
     
    一方、グーグルや米IBMが数年以内に商用化する予定の量子コンピューターは、量子ビットの数が数十~数百個に限られ、量子ビットの数が少なくエラー訂正もできない「NISQ(ノイズがありスケールしない量子コンピューター)」と呼ばれるハードウエアという。
     
    しかしグーグルやIBMは、NISQであっても特定の用途であれば、現在のコンピューターでは絶対に到達できない性能を実現できる可能性があるとの主張をし始めているらしい。
     
    期待される用途の代表格が「量子化学シミュレーション」で、量子コンピューターを使って様々な化学反応を分子レベルでシミュレーションすることで、化合物の劣化を防いだり、より効率的に生成したりする方法を見つけ出すという。
     
    分子の内部では量子力学の物理現象が発生しており、それを古典コンピューターでシミュレーションするのは困難だとされるようだ。
     
    量子コンピューターを使って量子化学シミュレーションを実行するアルゴリズムは、カナダ・トロント大学のアラン・アスプル=グジック教授が考案したもので、17年に、量子コンピューター向けのアルゴリズムを開発するスタートアップの米ザパタコンピューティングを起業している。
     

     
    イメージ 3

    また、独フォルクスワーゲン(VW)は186月、量子コンピューターを使って実用的な新材料の開発を進めていると発表しているが、量子コンピューターを使った量子化学シミュレーションによって、高性能電池材料の化学構造を最適化、それによってVWにとって「オーダーメイド」の高性能電池の開発が可能になるという。
     
    量子コンピューターが数年以内に実用的な性能を発揮するか否かは、現時点では不明だが、期待の段階で、ヒトとカネが猛烈に動き始めているらしく、半導体の集積度が上がり続ける「ムーアの法則」の終焉が近付く中、誰もがムーアの法則に変わるコンピューター処理性能の向上要因を求めており、量子コンピューターはその有力候補の1つであり、今後も期待は高まり続けるだろうという指摘は的を射ていると思う。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁
     


    0 0

    日経BPシリコンバレー支局の中田 敦さんが、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の本社があるシアトル近郊で、商品発送拠点「フルフィルメントセンター(FC)」を見学する機会を得、噂に聞く「棚を運ぶロボット」を直に観察すると、ロボットには向く仕事と向かない仕事があることを理解できたと伝えている内容が興味深い。
     

     
    イメージ 1

    イメージ 2
     
    イメージ 3

     フロアには柵で囲まれて人間が入れないスペースがあり、そこには商品を満載した黄色い布製の棚「Pod」が数百~数千台並んでいる。そしてこの棚をロボット掃除機「ルンバ」を大きくしたようなオレンジ色のロボット「Drive」が、あちらこちらへと運んでいる。Driveはアマゾンが2012年に買収したキバシステムズ(Kiva Systems)、現アマゾンロボティクス(Amazon Robotics)が開発したものだという。
     
    アマゾンのFCをじっくり観察すると、ロボットに向く仕事と向かない仕事があるのだということが分かってきた、アマゾンがロボットによって自動化している仕事とは、ざっくり言えば「人間にはやらせないほうがよい」仕事だったというのは面白い。
     
    ロボットを導入した現在、商品が格納された棚は全て柵の中にあり、人間が近づけなくなっている。棚入れと棚出しは決められたスペースで行われており、そこは厳重に警戒されている。ロボットを導入した背景には、作業員による商品の窃盗を減らす目的もあったはずだという。
     
    出荷ラベルの貼り付けも、顧客のプライバシーを考えれば、作業員にはやらせないほうが良い作業だ。アマゾンのFCで出荷ラベルは、箱詰めなどが終わった後で印刷し、ロボットが貼り付けている。それ以前のピッキング工程や箱詰め工程では、その商品が誰に配送されるのか作業員には分からないようになっているようだ。
     
     一方で、現在は人間が担っている棚入れや棚出し、箱詰めなどの作業は、ロボットには難しいタスクだ。商品の大きさや3次元的な形状を認識して、ロボットアームで落とさないようにつかむのは簡単なことではないというのは尤もだと思う。
     
    社会的な善し悪しは別として、人間の労働力は季節変動させやすい。繁忙期にだけパートタイム従業員を雇用すればよいからだ。一方でロボットは終身雇用だ。繁忙期に合わせてロボットを導入したら、閑散期に遊ばせておくだけになってしまう。商品のピッキングが技術的に実現したとしても、ロボットがかなり安価にならなければ、コスト的に人間には勝てないだろうというのも、的を射ていると思う。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    野村総研NRIの未来創発フォーラムで、此本社長の「デジタルが変える産業の未来」、IMDマイケル・ウエイド教授GlobalCenter for Digital Business Transformation所長)の「デジタル・ディスラプションのインパクトと日本企業」の内容が興味深かった。

     
    特に、マイケル・ウエイド教授の「いかにしたら、もっとデジタル化することができるか」は間違った質問で、的確な質問は、「業績を向上させるために、デジタルをどう活用できるか?」であり、「デジタル戦略をどう構築できるか?」は間違いで「アジャイル戦略を構築するのに、デジタルをどう活用できるか?」が的確だというのは、尤もだと思う。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁
     


    0 0

    「全てをハエに賭けた」日本の企業「ムスカ」が挑む世界のタンパク質危機、というForbes記事が面白い。

     
    イメージ 1

    45年間かけて1100世代の品種改良したというのは、確かに壮大な事業だと思う。
     
    すでに人間は、菌類を含めた様々な生物を利用しているが、まだほとんど活用されていないのが昆虫だという指摘は尤もだと思う。
     
    いまは食料残渣の多くが焼却処理されるほか、畜糞は日本だけでも年間8,000万トンが排出されており、現在は広大な土地で23カ月かけて微生物によって分解されている、しかもこの処理でメタンガスなどの有害な発酵ガスが発生するが、イエバエの幼虫は、これらを食べてくれ、畜糞の窒素分を吸収し、消化酵素がかかった土は肥料に変換し、そのあと土から出た幼虫は乾燥して飼料にするらしい。
     
    化学物質に頼らなくても、これまで不要とされてきた畜糞で動物や植物を育てることができ、イエバエの技術をうまく利用できれば、完全に自然な食物連鎖での食糧生産も実現するはずだという。
     
    今年度末には、畜糞を1日に100トン処理できるプラントの着工に入り、イエバエで日本の食の未来を守れるよう、さらに事業を加速させるつもりというので、今後に期待したい。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    経済産業省、NEDO主催のWorldRobot SummitWRS)の中で、シリコンバレーのジャーナリスト/robonews.net 発行人の瀧口 範子さんが、「シリコンバレーに見るロボット・スタートアップ」という題で紹介していた内容が興味深く参考になった。

     

     
    イメージ 1

    IT起業研究所ITInvC 小松仁


    0 0

    Hitachi Social Innovation Forumの「持続可能な街づくり~居住と暮らしのイノベーション。その歴史と未来~」というテーマで、建築家 東京大学名誉教授の内藤 廣 氏と歴史家 東京大学史料編纂所教授の本郷和人 氏が話していた内容が興味深く参考になった。

     
    イメージ 1

    イメージ 2


    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁