Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

IT起業研究所ITInvC代表の小松仁(Hitoshi Komatsu)です。 ITを中心としたベンチャーの立上げ支援を重点にビジネスコンサルティング活動を進めています。 このサイトからは定期的に何かお役に立ちそうな情報、コメントを発信していきます。   ツイッター https://twitter.com/ITInvC   Facebook  http://www.facebook.com/hitoshi.komatsu.75 にもどうぞアクセスください。 [履歴紹介] ・1946年生まれ。東京大学電子工学科卒業後、日立製作所でOCR(文字読取装置)、光ディスク応用の電子ファイル、ワークステーションなどの開発設計に従事。 ・その間米国メリーランド大学大学院で修士MSEE取得。 ・その後、製品企画、事業計画、マーケティング業務など推進。又、特許取得で(社)発明協会より発明奨励賞等受賞もあり。 ・更に営業、SEと共にオープンシステムのマーケティング推進後、日立コンピュータ機器(株)で経営企画、事業企画など推進。海外スタートアップとのアライアンスも経験。 ・退職後、IT起業研究所を起こしベンチャー支援活動に取り組むと共に、ベンチャーの技術、事業性評価や格付け評価等を行っている。
    0 0

    米国政府は、量子コンピューター産業の育成を目的とした新法案を通過させたようだ。
    MIT Technology Review記事「US takes first step toward a quantum computing workforce」(Will Knight 米国版 AI担当上級編集者)
     
    米国家量子イニシアチブ法の草案作成に手を貸したメリーランド大学のモンロー教授が、米国はコンピューター工学の原則に加えて、量子物理学の奇妙な性質を学んだ新世代のエンジニアを必要としている、現実世界の問題に取り組める量子コンピューターの開発に役立てるためだとし、量子コンピューターをどのように利用するかという問いに対する答えは、量子ソフトウェアのエンジニアたちに委ねられるだろう、量子コンピューターを開発すれば何かの役には立つはずだ、と答えているのは、正直なところだと思う。
     
     
    イメージ 1

    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    フェイスブックは米国の選挙に干渉しようとする“bad actors”「悪人」への防御を強化している——。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)がフェイスブックにこんな3260語の投稿をしたようだ。

    Facebook beefs up its defense againstelection interference

     

     
    イメージ 1

    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    山間部等でのドローン荷物配送の本格化に向け「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」(国交省)を作成したようで、一歩一歩進んでいくのだろう。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    ITmediaなぜ日本は人工知能研究で世界に勝てないか 東大・松尾豊さんが語る“根本的な原因”」で、松尾さんご本人のいら立ちを感じさせる話は大事にしたい。
     

     
    イメージ 1

    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    荷物の増加や環境規制、デジタル化で世界のトラック業界はかつてない変化に直面しているようだ。

    電動化や自動運転などの技術の変化をきっかけに新たな合従連衡が起こる機運が高まっているという。
     
    独フォルクスワーゲン(VW)が8月末に発足させたトラック・バスの新会社トレイトン・グループ、独ダイムラーのトラック・バス部門も分社化を控えているらしい。
     

    イメージ 1

     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    およそ100キロの区間を運行する2両の水素機関車(フランスのアルストムAlstom製)が、ドイツで営業を開始するようだ。
     

     
    イメージ 1

    アルストムは2021年までにさらに14両の水素電車をドイツに供給することを計画中で、フランスでも2022年までに水素電車の運行を開始する計画らしい。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

     
    1)「ボイスカルテ」Notable
    音声で電子健康記録(EHR)を処理できるプラットフォーム。
    従来のPCやタブレットではなく、アップルウォッチが医師の診察記録を音声認識技術を活用して自動で記録してくれる。AIが医師の診察や行動をパターン化し、病名の入力・請求コードの入力などの医師のオペレーションを自動化してくれる。
     

    イメージ 1

     

    2)「ロボットスーツ」SarcosRobotics

    作業員の安全と能力強化のためのロボット型フルボディスーツ。
    Guardian XO”と呼ばれる、人間の力や耐久性を劇的に強化してくれるボディスーツ。安全かつ、簡単に90kgを持ち上げることが可能。20183月にBMWCaterpillar DeltaGEなどと共にX-TAGExoskeleton Technical Advisory Group)を創設し、着用可能な動力付きスーツの開発を進めている。
     

     
    イメージ 2

     
    3)「ECバックオフィス」ShipBob
    中小企業向けのフルフィルメントサービス。
    受発注管理から出荷、在庫管理などのフルフィルメントプラットフォーム。本サービスを利用すれば、中小企業であっても受注から二日以内に顧客に商品を配送可能という。ShopifyAmazonなどのプラットフォームとも連携している。
     

     
    イメージ 3

    4)「セレブオンラインクラス」MasterClass
    各分野のセレブ(有名人)が講師のオンライン動画プラットフォーム。
    セリーナ・ウィリアムズのテニスレッスンや、ステファン・カリーのバスケットレッスンなど現在39クラス提供されている。
     

     
    イメージ 4

    5)「ガン治療」AllogeneTherapeutics

    がん治療で注目されているCAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)療法。
    患者の血液からT細胞(リンパ球の一種)を採取し、遺伝子改変した上で患者に戻すことで、特定のがん細胞を特異的に攻撃する免疫療法。特徴は、自分のT細胞ではなく他人のT細胞から作るため、在庫可能かつ複数の患者の治療に活用できる点。ファイザーと提携し、既に臨床試験中。
     

     
    イメージ 5

    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁
     


    0 0

    欧州で安定性を高めようと北海の真ん中に「送電ハブ」となる島をつくる計画「北海風力ハブ構想」が進んでいるという。
     

     
    イメージ 1

     
    イメージ 2

    人工島を中継点に、周辺の洋上風力発電所が生み出す大量の電力を周辺国で融通しあおうというもので、2019年中に各国政府の賛同を得て、35年までの稼働を目指すらしい。
     
    オランダとドイツ、ベルギー、英国、デンマーク、ノルウェーの北海沿岸6カ国からそれぞれ約200キロメートルの海域に4つ前後の人工島を建設し、1つの人工島にそれぞれ東京タワー級の巨大風車20003000本がつながり、50年までに原発100基前後に相当する70150ギガワットの風力発電の電力を約1億人に供給するとしている。
     
    実現するかは未知数だが、欧州が再エネ普及と電力網の安定の両立に本気で取り組んでいるのは間違いないだろう。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁
     


    0 0

    富士通が、自動運転の精度を高める技術として、映像データを1千分の1に圧縮する手法を開発したようで、興味深い。
     
    車載カメラで撮影した映像をインターネットで瞬時にやりとりし、周囲の状況を遠くからリアルタイムで把握できるらしく、3年後をメドに実用化するという。
     
    競合では米インテル傘下のイスラエル企業、モービルアイも技術開発に取り組んでいるが、撮影した映像の中から「目の前に人や車がいる」といった特定の情報を切り出してデータセンターに送るもののようだ。
     
    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁


    0 0

    CEOが直面する『予想よりも難しい』4つの問題」を、Forbes記事が挙げているのが面白い。
     
    CEOの考え方について分析を行った国際コンサルティング企業エゴンゼンダーの調査「The CEO: A personal reflectionCEO:個人としての考察)」では、予想していたよりもCEOらが難しいと感じたことなど、さまざまな分野をカバーしているようだ。
     
    1)企業文化の変革をけん引すること
    既に定着している文化が変化に抵抗を見せるのはよく知られている。
     
    2)自分のための時間や考察の時間を持つこと
    時間はほとんどないのにやるべきことが多過ぎるため、自分のための内省の時間を見つけることは、どのようなレベルの管理職であっても課題だろう。
     
    3)最高幹部チームの育成
    ハーバード・ビジネス・レビュー誌によると、優秀な若い人材が早期退社をしてしまう主な要因は、育成の機会がないことだとされているらしい。
     
    4)短期的な財務目標と長期的な企業変革のバランス
    マネジメントでは定番の難問だが、どのような組織でも、短期的な財務ニーズは長期的な投資・計画と常にバランスを取る必要があるのは間違いないだろう。
     

     
    イメージ 1

    IT起業研究所ITInvC代表 小松仁